H 介護・自立支援用

HAL腰タイプ介護・自立支援用

こんな施設様におすすめ

・介護職員の腰痛対策を考えている
・介護職員の採用の強化や定着を図りたい
・利用者の満足度を向上させたい

製品の特長

一台二役の活躍

朝晩は、起床時や夜勤帯の訪室での介助支援で、昼は利用者等のリハビリでの自立支援でご活用いただけます。


製品詳細はこちら>>

1.腰部負荷最大40%軽減(介護支援時)

HAL腰タイプを装着していただくことで、中腰や持ち上げ動作時の腰部への負荷を最大40%軽減することが可能です。

また、腰痛が発生する部位(腰椎)より下の位置で固定するため、HAL自体の重さが腰への負担となることはございません。

2.装着・操作が簡単

HAL腰タイプの装着にかかる時間は約10秒!
バッテリ駆動で、煩わしい事前準備などはございません。

また、操作に必要なボタンは4つだけなので、どなたでも簡単に操作していただけます。

※介護支援用途の場合。自立支援用途の場合は、電極の貼り付けが必要なため、装着に約40秒ほどかかります。

3.自立度の向上(自立支援時)

HAL腰タイプ介護・自立支援用は、足腰の弱った方などの体幹・下肢機能の向上を促進する装着型ロボットです。

装着して体幹動作や立ち座り動作を繰り返すことによって、身体そのものの機能回復を促すので、HALを外した状態での自立度を高めることが期待できます。

導入施設様の声

利用者に関して

・利用者のロコモ防止につながりました。
・体位変換にかかる時間が短くなったので、入所者の良眠時間が確保できました。
・HALによる機能訓練で、排泄コントロールが可能になりました。

介護職員に関して

・特に中腰作業での腰の負担が減ったので、働くモチベーションが上がりました
・3年以上勤務している介護職員が、16%(H27以前)から78%(H30)に増え離職者数も0名を達成することができました。※H27に導入

施設運営に関して

・先進的な介護を学べる介護施設として、地域の新聞に掲載されました。
・介護環境のPRが可能になったので、入所・訪問リハ希望者が1割程度増えました
・就職説明会等で、負担の少ない先進的な介護を行っているメッセージを発信でき、人材確保につながっています。


トライアル受付中!

本当に腰の負担を軽減できるの?
一日のデモ体験だけでは、該当作業で使えるのか判断できるか不安

そんな事業者様向けに、2021年春よりトライアルを開始いたしました。

トライアルでは、HAL腰タイプを1週間無料でお試しいただけます。

 

トライアルのメリット

トライアル開始前に、弊社講師がHALの操作・装着方法を講習いたします。
→ 使い方が分からないまま利用開始、にはなりません。

トライアル期間の始めと終わりに、腰痛アンケートを実施いたします。
→ 事業所内での腰痛発生状況の把握にお役立てください。

トライアル期間中に、複数回訪問またはオンラインでフォローいたします。
→ HALの操作・装着、運用面に関する不安を解消していただけます。

トライアル日程例

※HAL機体を配送にて返却いただく場合のみ、送料をご負担いただきます。

岡山ロボケアセンター株式会社

岡山県倉敷市幸町12-15