アスリート

アスリート

MTX式-Neuro HAL-プラス(エムティーエックス式ニューロハルプラス)とは、装着型サイボーグHAL®を使用したアスリート向けプログラムです。

MTX式-Neuro HAL-プラスは、脳神経・筋系のパフォーマンスの向上、筋肉の収縮と弛緩の最適なタイミングの把握、身体のバランス調整などにおいて効果が期待でき、アスリートやジュニアの方向けのプログラムです。

アスリート向けプログラム

HAL®の特徴を活かし、使いたい筋肉を正確に使い、力を入れる必要のない筋肉は脱力する、筋出力の最適化を可能にする。世界で活躍する各競技のトップアスリートたちも「MTX式-Neuro HAL-プラス」を取り入れています。

ジュニア向けプログラム

子どもから学生までが受けられるプログラムです。運動のセンスに磨きをかけ、将来スポーツ界で活躍する選手を育てることを目指します。また、苦手な運動を克服したい子どもにも効果が期待できます。

MTX式 Neuro HAL プラス OKAYAMA(アスリート向けプログラム)の料金

30分コース ¥7,000(税込)
60分コース ¥13,000(税込)
※初回は60分コースのみ

岡山県内におけるMTX式-Neuro HAL-プラスの実績

岡山ロボケアセンターが提供しているMTX式Neuro HALプラスは人の脳から出される運動の命令を皮膚表面で電位信号として拾い、人の動きとロボットを同期させて動く装着型サイボーグHAL®を使用してトレーニングします。

運動パフォーマンスを向上するには筋肉を鍛えるだけでなく、脳神経系も鍛える必要があります。使いたい筋肉を正確に使い、力を入れる必要のない筋肉は正確に脱力することで体を自在にコントロールし、その切り替えを早くすることで瞬発力を高めることができます。MTX式Neuro HALプラスは、人の脳神経系と繋がる世界初の装着型サイボーグHALなど、最先端のサイバニクス技術を活用することで、従来のスポーツトレーニングには存在しなかった脳神経系のパフォーマンスを効果的に向上させることが期待できます。


西日本で初めて、プロサッカークラブファジアーノ岡山様のご協力を得てU-15、U-18のアカデミー選手へ装着型サイボーグHAL®を試験的に導入し、様々な効果の検証を行いながら全4回のトレーニングを行っています。

反復横跳びの変化

攻守における1対1などの場面においての切り返し動作の向上を目的にHAL®を使用したプログラムを行い、前後の比較を測定しました。

HAL®使用1回目

HAL®使用2回目

切り返し動作時の接地時間の短縮、体幹のブレの減少、重心位置の安定などにより敏捷性がアップ。

立ち幅跳び(3連続)の変化

ジャンプ力の向上、下半身と上半身の連動性の向上を目的にHAL®を使用したプログラムを行い、前後の比較を測定しました。

HAL®使用前

HAL®使用後

接地時間の短縮、下半身と上半身の連動性の向上、地面反力の向上などによりジャンプ力がアップ。

2021年4月22日 
環太平洋大学が、陸上競技や剣道競技おいてHAL®を使用したプログラムがパフォーマンスにどのような影響を与えるかを科学的に研究開始。

HAL®を使用したトレーニング風景
HAL®を使用したトレーニング風景
Tread matrixを使用した走動作の分析風景

IPU(環太平洋大学)でHAL®を科学的に分析!!

陸上競技部の選手4名に装着して走動作の分析!!

IPU(環太平洋大学) 吉岡利貢教授(体育学部教授・陸上競技部中長距離のコーチ)が実施された、初めてHAL®を装着する4名の選手に対する共同研究に参加。

HAL®を装着してのトレーニングは「股関節の伸展動作が強調される動き」を中心に15分間行い、トレーニング前後に垂直跳びとTread matrixによる走動作の分析を行う。

選手たちのHAL®使用直後の走動作時の感想は「脚が回っている感覚がある」「前に接地していた着地が重心(自分の下)に近づいた」「接地の感覚が違いゆとりがあった」「踏める感じがある」「走りやすかった」など、全員が明らかに感覚が違うという感想だった。選手の中にはレース前に着けたいと話す選手もいた。

次回は動作解析を行う予定!!

1. お問い合わせ・日程調整

2. カウンセリング

3. フィッティング

4. Neuro HALFIT 利用開始

岡山ロボケアセンター株式会社

岡山県倉敷市幸町12-15